2019年6月21日(金)

新幹線輸送、鮮度も超特急 水産物、佐渡~品川初輸送

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
サービス・食品
小売り・外食
2019/6/13 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR東日本の子会社、JR東日本スタートアップ(東京・新宿)は11日、新幹線を使った初の水産物輸送実験を始めた。朝に佐渡沖で水揚げした甘エビを高速船と新幹線を使って東京に輸送し、品川駅構内で同日中に販売する。最大2日間かかるところを8時間程度で輸送できる。新鮮な状態で消費者に提供でき、傷みやすく産地周辺でしか流通できなかった鮮魚の販路が広がる。旅客輸送の大動脈である新幹線の物流への活用が本格化する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報