2019年6月17日(月)

中部電、ロボット開発スタートアップと資本提携

スタートアップ
東京
中部
2019/6/12 19:30
保存
共有
印刷
その他

中部電力は12日、ロボット開発スタートアップのGROOVEX(グルーブX、東京・中央)と資本提携したと発表した。グルーブXが実施した第三者割当増資の一部を引き受けた。出資額や出資比率は非公表としている。ロボットを活用した見守りサービスなどを深掘りする。

中部電は2019年4月に新規事業の専門部署を立ち上げた。人工知能(AI)や、あらゆるモノがインターネットにつながるIoTといった新領域での事業育成を急いでいる。ロボット分野では高齢者の見守りサービスで協業した案件があるが、資本提携まで踏み切るのは今回が初になる。

グルーブXは、ソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」の開発に携わった技術者が15年に設立した。人の声などに反応する家庭用ロボなどを手掛けている。トヨタ自動車が参加するベンチャーファンド「未来創生ファンド」が出資した実績もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報