/

この記事は会員限定です

スマホで漁場情報、鳥取でスマート漁業

[有料会員限定]

鳥取県は、漁場予測に活用できる海況データをスマートフォンで入手できるシステムの導入に乗り出す。地元の漁船が操業しながら小型装置で水温や塩分濃度を計測。広域で正確なデータを計測できるため、無駄を省いた効率的な漁業に活用できる。「経験と勘」だけに頼らないシステムの精度がさらに高まれば、新たな担い手の確保や資源管理への活用も期待できる。

水産庁の公募事業として、九州大学が福岡、佐賀、長崎の3県などと連携...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン