ゴールドマンのウォルドロンCOO、中国勢のM&A急減「日本企業に好機」
アクティビスト対策に注力

2019/6/12 18:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ゴールドマン・サックスのジョン・ウォルドロン社長兼最高執行責任者(COO)は日本経済新聞と会い、「中国企業によるM&A(合併・買収)が大幅に減少しており、当面は回復しない」と語った。中国勢との競合が減るため「日本企業にとっては海外買収の好機だ」と指摘した。日本でもアクティビスト(物言う株主)の存在感が高まるなか、その対策や企業価値の向上で企業への助言を強化する考えを示した。

ゴールドマンは世界…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]