2019年6月21日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,947,307億円
  • 東証2部 71,036億円
  • ジャスダック 87,310億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.15倍 --
株価収益率13.95倍13.50倍
株式益回り7.16%7.40%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,462.86 +128.99
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,400 +130

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

#20「花王が初のESG戦略 『容器革命』欧米でも標準化狙う」[映像あり]

6月20日(木)13:20

トップに聞く[映像あり]

日本郵政 社長 長門 正貢

6月20日(木)09:50

[PR]

スクランブル

フォローする

退出する個人マネー 喜べぬIPO活況
証券部 須賀恭平

2019/6/12 18:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

12日の日経平均株価は終日もみ合い、4日ぶりに反落。東証1部の売買代金は5営業日連続で2兆円を下回るなか、連休明けからの急落で痛手を負った個人投資家が新規株式公開(IPO)に殺到する構図が鮮明になっている。IPO銘柄の活況をよそに、市場全体では個人マネーの手詰まり感が強まっている。

商いに方向感が定まらないこの日、盛り上がったのは東証2部に上場した物流機器のレンタルや販売を手掛けるユーピーアール…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム