2019年8月23日(金)

ネット取引、パスワードの罠 ドコモやユニクロに被害

2019/6/13 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファーストリテイリングのECサイトが不正侵入され約46万人分の顧客情報が流出した可能性がある

ファーストリテイリングのECサイトが不正侵入され約46万人分の顧客情報が流出した可能性がある

「ユニクロ」やNTTドコモなど大手企業の電子商取引(EC)サイトが、相次いで乗っ取り被害に遭っている。背景にあるのはパスワードの「罠(わな)」。手軽に本人確認できる一方で、ネット上には数十億件も流出し、犯罪者が容易に入手できる。ただし、多くの企業はシステム改修や顧客離れを懸念して、旧来の仕組みが温存されている。このままでは、被害拡大を食い止められない。

【関連記事】パスワード無しが標準に ヤフー・LINE先行

氏名や住所ばかりか、購入商品や体形まで犯罪者に筒抜けに――。ユニクロを運営するファーストリテイリングは5月、ネット通販サイトが不正侵入され、約46万人の顧客情報が閲覧された可能性があると公表した。犯罪者がIDとパスワードの組み合わせ(リスト)を複数用意し、手当たり次第に入力して不正にログインしたとみられる。「リスト型攻撃」と呼ばれる手口だ。

リスト型攻撃は頻発している。昨年、NTTドコモの通販サイトが被害を受けた。犯罪者が契約者を装い、米アップルの「iPhoneX(テン)」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。