天皇陵の素顔(下)誰が被葬者か 続く議論
時を刻む

2019/6/13 7:01
保存
共有
印刷
その他

百舌鳥(もず)・古市古墳群(大阪府、5世紀ごろ)に属する巨大古墳の多くは宮内庁が天皇陵など聖域として公開を厳しく制限している。だが保存と活用を図るべき歴史遺産でもある。相反する2つの実態を融合させようと研究者らの取り組みが営々と続く。

陵墓は様々な名を持つ。例えば「仁徳天皇陵」は「大山古墳」「大仙古墳」「大仙陵古墳」とも呼ばれる。前者は宮内庁が定めた被葬者の名を冠した陵墓名、後者は地名や古文書等…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]