/

この記事は会員限定です

ハナモゲラの逆襲 笹公人

[有料会員限定]

1970年代半ばから1980年代にいわゆる「ハナモゲラ語」が流行したことがある。元々(もともと)、ジャズピアニスト山下洋輔さんの仲間内で流行したもので、その一ジャンルにハナモゲラ和歌があった。

「山の美しさに感動して詠める」

 なだらそう きよひにきらり しらきぬの ひとひらひらに みどりたちまち

糸井重里

 ひいらぎの かほりやまめて せせらぎる どぜうてふてふ くましかこりす

山下洋輔

当時すでに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1076文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン