/

この記事は会員限定です

AIのリスク抑え暴走防ぐ、OECDが開発・運用指針

[有料会員限定]

経済協力開発機構(OECD)が5月、人工知能(AI)の開発や運用に関する基本指針を採択した。人にとって本当に役立つかを前提に考える「人間中心」のほか、差別をなくす「公平性」や説明責任など、AIの開発や利用にあたって重視すべき原則を打ち出した。AIは様々な分野で人の生活を便利にする技術として期待される一方、普及にはリスクもある。AIや開発する人の暴走を防ぐ防波堤の役割を担っている。

指針には、日米欧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン