/

英ホンダ、改造芝刈り機で世界最速を達成

ホンダの英国法人は高性能バイクのエンジンを移植するなどした改造芝刈り機がギネスワールドレコーズ社の世界最速認定を受けたと発表した。時速0マイルから100マイル(時速0キロメートルから160キロメートル)に達するまでの時間はわずか6.29秒で世界最速の加速性能という。

乗用芝刈り機に高性能バイクのエンジンを積むなどした

記録を達成したのは2018年夏に現地でお披露目された改造芝刈り機「ミーン モウアーV2」。

欧州で販売する乗用芝刈り機「HF2622」に高性能バイク「CBR1000RR」の4気筒エンジンを積み、高速走行に耐えられるように車体などを改造した特別仕様車。重量は約140キログラムで最大189馬力を引き出す。

欧州でホンダの乗用車販売シェアは1%以下と苦戦が続くものの、芝刈り機や発電機などの「パワープロダクツ」製品では圧倒的な認知度を誇る。英ホンダでは以前から改造芝刈り機に取り組み実績を積んできた。14年の前モデルでも芝刈り機として世界最速の記録認定を受けていた。今回は新たに先端の新素材や3Dプリンターで製作した部品などを多く採用した。なお、ミーン モウアーV2の「市販化予定はない」(広報部)とする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン