/

この記事は会員限定です

経費削減の努力が「ふるさと納税で霧散」(ルポ迫真)

ふるさと納税 宴の後(3)

[有料会員限定]

5月15日、東京都世田谷区役所の会議室。区職員と制御技術大手、アズビルの社員は、膝詰めで区有施設の維持管理費の削減について議論を重ねた。この4年間、あらゆる経費を削減し、区が捻出した財源は86億円。それなのに、ふるさと納税で91億円が流出した。「行財政改革の努力がふるさと納税で霧散した」。ふるさと納税対策担当課長の中西成之(48)は嘆く。

ふるさと納税をした人は、住む自治体に納める住民税が控除される。控除額の75%は国が地方交付税で穴埋めするが、東京23区などの不交付団体は控除額が税収減に直結する。

世田谷区の2019年度の流出額は53億円の見込みで、子供の医療費無償化予算(44億円)を上回る。23区の流出額は18年度で計321億円と4年間で35倍に増えた。2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン