2019年7月21日(日)

日産、工場でスタートアップ展示会 INCJと共催

自動車・機械
2019/6/12 14:16
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は12日、横浜工場(横浜市)で官民ファンドのINCJ(旧産業革新機構)の支援を受けたベンチャー展示会を開いた。開催は2018年に続き2回目で、今回は双方が推薦する有望スタートアップ7社が参加した。日産の技術者向けに生産現場へ応用できる技術を紹介した。3次元測定器やアシストスーツが展示され、日産での協業事例なども披露された。

日産の技術者を前にアシストスーツを実演するスタートアップの担当者(横浜市)

今回はINCJの投資先から4社、日産が独自に選んだ3社が参加した。工場側のニーズ調査やスタートアップからの協業提案を通じて企業をあらかじめ絞り込んだ。

現場主導型と位置づけるマッチングは、国内でも「先駆け事例だ」(INCJ)という。19年度内に現場で技術をトライアルし、事例を日産内で共有して協業の範囲を広げる。

測定装置の光コム(東京・千代田)の3次元形状測定技術が、すでに日産の多目的車に搭載する高性能エンジンの部品検査で使われた。6月には廃水処理のハルボホールディングス(東京・千代田)の凝集剤も横浜工場で汚水処理に使うことが決まった。

同日、記者会見したINCJの志賀俊之会長は「自動車産業は変革期にあり、オープンイノベーションを通じて従来型のカイゼンの枠組みを飛び越えていく必要がある」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。