米中、緩和姿勢では足並み 日銀は円高への波及警戒

日銀ウオッチ
2019/6/13 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「この回復は緩和的な金融環境が継続することによってもたらされている」。9日閉幕した福岡市での20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で採択された共同声明の一文だ。世界経済が「19年後半から20年にかけて緩やかに上向く」との見通しを支えるのは、対立を続ける米国、中国が足並みをそろえる金融政策での緩和姿勢だ。

会議では貿易を巡る米中の溝が改めて鮮明になった。ムニューシン米財務長官が「米国も関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]