2019年6月21日(金)

女性医師殺害容疑で逮捕 山形大生の23歳男

社会
2019/6/12 12:00 (2019/6/12 23:40更新)
保存
共有
印刷
その他

山形県東根市の医師矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件で、県警村山署捜査本部は12日、殺人と住居侵入の疑いで山形市東原町1、山形大人文学部4年、加藤紘貴容疑者(23)を逮捕した。捜査本部は記者会見し、「認否は差し控える」とした。2人の接点は確認されておらず、単独で殺害したとみている。

捜査本部によると、現場付近の防犯カメラの分析や聞き込みから捜査線上に浮上。動機や詳しい経緯を調べる方針。県警は同日夜、容疑者宅を調べ段ボール箱数個分を押収した。

逮捕容疑は5月19日早朝、矢口さんの部屋に侵入し、鈍器で頭を多数回殴打し殺害した疑い。現場に凶器とみられる血の付いたゴルフのパターが落ちていた。福島県郡山市に住む矢口さんの40代の弟が同日夕方にマンションを訪れ遺体を発見、110番した。

ブルーシートが張られた、殺害された医師矢口智恵美さんの自宅マンション(12日午後、山形県東根市)=共同

ブルーシートが張られた、殺害された医師矢口智恵美さんの自宅マンション(12日午後、山形県東根市)=共同

捜査関係者らによると、同日早朝、黒っぽい服装の不審者が矢口さんの部屋を2~3回にわたり出入りする様子や、マンションを出た後にJRさくらんぼ東根駅の方向に立ち去る姿が付近の防犯カメラに映っていた。

矢口さんが院長を務めていた山形県村山市の矢口眼科クリニック(5月末で閉院)によると、矢口さんは同18日は出勤し同日夜、スタッフの歓迎会に出席後に帰宅。午後10時45分ごろ、女性職員と電話で会話した。19日は休診だった。カルテに加藤容疑者のものはなかったという。

山形大は逮捕を受け「誠に遺憾。被害者のご冥福をお祈りし、地域や関係者に深くおわびします」との談話を出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報