/

この記事は会員限定です

違法ドローン、取り締まり強化 即応になお課題

[有料会員限定]

ラグビーワールドカップや東京五輪・パラリンピックといった国際的なイベントを控える中、ドローン(小型無人機)の違法飛行への対策が警察の重要課題になっている。警視庁は操縦者の取り締まりを進めるが、不意に現れる機体を即時に捕獲するのは難しい。対策は海外が先行しており、最新の知見に関する情報収集も求められる。

警視庁は5月に違法飛行の一斉摘発に乗り出し、東京都江戸川区の公園で無許可でドローンを飛ばしたとし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン