2019年7月19日(金)

スポーツと思いやり、絵本に 愛知の国際児童画協会

中部
2019/6/12 12:00
保存
共有
印刷
その他

2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、愛知県小牧市の市民団体「国際児童画協会(IKA)」がスポーツと仲間への思いやりを題材にした絵本「南の島のドリ太」を作った。

国際児童画協会(愛知県小牧市)が作った絵本「南の島のドリ太」

国際児童画協会(愛知県小牧市)が作った絵本「南の島のドリ太」

絵本は主人公のヤドカリ「ドリ太」が砂浜のマラソン大会を経て成長し、友情の大切さを学ぶストーリー。画家の西川直見代表が物語を書き、IKA事務局でグラフィックデザイナーの多和田忍さんが絵を担当した。

西川さんは「新しい貝殻を見つけて成長するヤドカリのように、絵本を見る子供たちの成長を願って作った」と話す。

1991年にできたIKAは児童画を通じた国際交流に取り組み、自然や動物の保護をテーマにした絵本約10作品をこれまで手掛けてきた。

5月に完成した南の島のドリ太は英語を併記している。1000部作り、活動協力金として1冊当たり2千円を寄付してくれた人に絵本を送る。ベトナム語や中国語版なども作る予定で、県内外での朗読会も考えているという。問い合わせはIKA事務局(電話0568・77・2375)まで。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。