/

テスラがピックアップトラック型EV開発 CEO表明

【ワシントン=白石武志】米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は11日、米国で売れ筋となっているピックアップトラック型のEVを開発中だと明らかにした。今夏にも車両デザインを披露するという。米国人好みの荷台を持つ大型車を品ぞろえすることで、幅広い顧客層にEVを普及させる狙いとみられる。

11日に米カリフォルニア州で開いた株主総会後の株主との質疑応答の中で明らかにした。発売時期や価格については触れなかったものの、マスク氏は開発中のピックアップトラック型EVのデザインについて「まるでSF映画から出てきたようにクールだ」と自信を示した。

車載電池の容量の制約などから、EVの品ぞろえはこれまでスポーツ車や小型車が中心だったが、米国では消費者の好みを反映して大型化を目指す動きが広がっている。米アマゾン・ドット・コムなどが出資する新興EVメーカーの米リヴィアンは2020年にピックアップトラック型のEVなどを発売する計画を示している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン