/

ウガンダでエボラ感染確認 流行の隣国コンゴから拡大

【ナイロビ=共同】世界保健機関(WHO)は11日、コンゴ(旧ザイール)東部の北キブ州とイトゥリ州で流行するエボラ出血熱について、隣国ウガンダで感染者が確認されたと発表した。5歳児で、コンゴから国境を越え入国したばかりだった。昨年8月に流行が始まって以降、他国で感染者が見つかるのは初めて。

WHOによると、コンゴでの感染者は疑い例を含めると2千人を超え、1300人以上が死亡した。鉱物紛争が続くコンゴ東部からウガンダへ避難する住民は多く、感染拡大が懸念されていた。

この児童は、家族と共にウガンダ西部ブウェラ近くの国境を通過。治療を受けようと病院を訪れたところ、エボラ熱の疑いがあるとして専門の治療施設に搬送された。

ウガンダでは感染拡大を警戒し、約4700人の医療スタッフが既にワクチンを接種している。WHOとウガンダ保健省は、児童と接触した人がいないかどうかを調べるため現地に緊急チームを派遣した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン