2019年8月24日(土)

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月23日 143.397 -0.418

[PR]

商品ニュース

輸入牛肉・豚肉が攻勢 貿易協定発効2年目で急増

2019/6/14 3:32
保存
共有
印刷
その他

牛肉・豚肉市場で輸入品の攻勢が強まっている。4月の牛肉輸入量は同月として19年ぶり、豚肉は14年ぶりの高水準だった。環太平洋経済連携協定(TPP)と日欧の経済連携協定(EPA)が4月に制度上の発効2年目を迎え、輸入関税が一段と下がったことが背景にある。国別の勢力図も変わってきた。

カナダ産牛肉は日本人好みの食味との評価が高い

カナダ産牛肉は日本人好みの食味との評価が高い

2018年12月に発効したTPPは4月から制度上の2年目となり、牛肉の関税が27.5%から26.6%に下がった。19年2月に発効した日欧EPAでも、豚肉の高価格帯の従価税が2.2%から2%に下がった。

関税下落を受け、4月の牛肉輸入量は6万7268トンと前年同月比8%増えた。同月としては00年以来の水準だ。中でもTPP加盟国のカナダからの輸入は4780トンと49%増えた。

カナダ産は穀物で育てた牛を使うため、もともと食味が日本人好みとされる。さらに米国産に比べて関税差の10%分ほど割安になった。ステーキなどに使うヒレ肉は米国産の輸入価格が1キロ3750円程度なのに対し、カナダ産は3400円程度とみられる。

双日食料の小穴裕ビーフ部部長は「高価格帯の部位は関税差のメリットが出やすい。(カナダ産は)スーパーなどで扱いが増えた」と語る。

ニュージーランド(NZ)産牛肉の4月の輸入量は49%増の2318トン、メキシコ産は3倍の1368トンと急増した。最大輸入元のオーストラリアを含むTPP発効6カ国(日本除く)からの輸入シェアは計60%と前年同月比4ポイント上昇した。

一方、豚肉の輸入量は9万8314トンと前年同月比23%増えた。輸入元ではEU(欧州連合)が47%増の4万4010トンと大きく伸びた。

「輸出意欲が強く、価格も安い」(食品メーカー)と、市場関係者が評価するのがスペイン産だ。生産コストが他のEU諸国より安いうえ、ブランド豚であるイベリコ豚の評価が日本でも高まってきた。農畜産業振興機構(東京・港)によると、スペイン産の冷凍豚バラ肉の卸値は1キロ567円とデンマーク産より8%安い。

4月の輸入増については「関税引き下げを見込んで商社などが3月に調達を抑えた」(輸入業者)反動が出た面もある。5月以降も同じペースが続くとの見方は少ないが、苦戦が目立つのがTPPと日欧EPAに参加していない米国だ。

4月の米国産牛肉の輸入量は1%減の2万6959トン、米国産豚肉は0.2%減の2万1354トンだった。全輸入量に占めるシェアは牛肉で40%と4ポイント低下し、豚肉では22%と5ポイント低下した。

ある食品メーカーの担当者は「米国の一人負け状態だ」と語る。この状況が続けば「米国が物品貿易協定(TAG)で関税下げ圧力を強める恐れがある」(食肉卸のスターゼンの担当者)。(嶋田航斗)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。