/

トランプ氏「金正恩氏から素晴らしい手紙」 会談1年

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は11日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長から「とても温かく、素晴らしい手紙」を受け取ったと明らかにした。シンガポールでの初の米朝首脳会談から12日で1年となるのに際し、良好な首脳関係をアピールして非核化を巡る米朝交渉の継続に期待感を示した。ホワイトハウスで記者団に語った。

これに関連し、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は同日のワシントンでのシンポジウムで、3回目の米朝首脳会談について「十分に可能性はある。金正恩氏がカギを握っている」と述べ、金正恩氏の判断次第で会談は可能との認識を表明。「北朝鮮がそのつもりなら私たちもいつでも会談する用意がある」とも述べた。

また、米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は11日、関係筋の話として金正恩氏の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が米中央情報局(CIA)以外にも日中韓の情報機関と接触していたと報じた。金正男氏は家族の保護や資金を手に入れようとしていたという。

トランプ氏は11日、CIAと金正男氏の接触に関して「その情報は把握していない。私ならそのようなことはおきないようにすると金正恩氏に伝える」と語った。金正恩氏の親族とCIAなど米情報機関の接触を今後は容認しないとも受け取れる発言だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン