日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月13日 145.959 +0.276

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月13日(金)14:20

官房長官 英総選挙「日系企業の円滑なビジネス継続を」[映像あり]

経財相 設備投資堅調「持続的成長の実現に期待」

12月13日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

米トウモロコシ、長雨で減産 4年ぶり低水準に

2019/6/12 4:34
保存
共有
印刷
その他

土壌を調べる米イリノイ州の穀物生産者

土壌を調べる米イリノイ州の穀物生産者

【シカゴ=野毛洋子】米農務省は11日発表した6月の穀物需給で、2019~20年度のトウモロコシの生産量及び期末在庫見通しを前月比で大幅に引き下げた。6月まで長雨が続いた米中西部産地で「過去に例のない作付けの遅れ」(同省)が起きた。このため生産量推定を前月比9%減の3億4749万トンに引き下げた。現実となれば4年ぶりの低水準になる。

減産を受け、期末在庫は同33%減の4256万トンと、6年ぶりの低水準を見込んだ。生産量、期末在庫ともにロイター通信集計のアナリスト予想平均を下回った。作付面積も前月比300万エーカー減の8980万エーカーに引き下げた。長雨で今年の作付けを諦める農家が出ているためだ。

市場には減産規模は今後も膨らむとの見方が出ている。休耕する農家が多く「農務省は今後も作付面積と生産量を一段と引き下げる可能性がある」(穀物ブローカー、アレンデールのリッチ・ネルソン氏)。ただ、南米など世界の供給が潤沢なため、価格の上昇は限られるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム