2019年7月16日(火)

7/16 11:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: リクルート株、1.6兆円分が売られる日[有料会員限定]
  2. 2位: シティ決算が招いた米銀株への不安(NY特急便)[有料会員限定]
  3. 3位: さえない日本株、決算発表が決める年後半の行方[有料会員限定]
  4. 4位: 宝印刷、市場再編が促す変身[有料会員限定]
  5. 5位: 米株高は最後の宴か 長短金利逆転下、金融相場は過熱[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月16日 149.651 +0.289

[PR]

商品ニュース

米トウモロコシ、長雨で減産 4年ぶり低水準に

北米
2019/6/12 4:34
保存
共有
印刷
その他

土壌を調べる米イリノイ州の穀物生産者

土壌を調べる米イリノイ州の穀物生産者

【シカゴ=野毛洋子】米農務省は11日発表した6月の穀物需給で、2019~20年度のトウモロコシの生産量及び期末在庫見通しを前月比で大幅に引き下げた。6月まで長雨が続いた米中西部産地で「過去に例のない作付けの遅れ」(同省)が起きた。このため生産量推定を前月比9%減の3億4749万トンに引き下げた。現実となれば4年ぶりの低水準になる。

減産を受け、期末在庫は同33%減の4256万トンと、6年ぶりの低水準を見込んだ。生産量、期末在庫ともにロイター通信集計のアナリスト予想平均を下回った。作付面積も前月比300万エーカー減の8980万エーカーに引き下げた。長雨で今年の作付けを諦める農家が出ているためだ。

市場には減産規模は今後も膨らむとの見方が出ている。休耕する農家が多く「農務省は今後も作付面積と生産量を一段と引き下げる可能性がある」(穀物ブローカー、アレンデールのリッチ・ネルソン氏)。ただ、南米など世界の供給が潤沢なため、価格の上昇は限られるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。