2019年9月17日(火)

アマゾン、料理宅配から撤退 ウーバーなどとの競争激化

2019/6/12 1:18
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米アマゾン・ドット・コムは11日、米国内で展開している料理宅配サービス「アマゾン・レストランツ」を24日付で終了すると明らかにした。米国の料理宅配市場にはライドシェア大手のウーバーテクノロジーズをはじめ多数の企業が参入し、ユーザーの奪い合いが激しくなっている。アマゾンは事業を継続しても収益につながらないと判断したもようだ。

料理の宅配サービスはウーバーなどとの競争が激しくなっていた

アマゾンは2015年に本社を置くシアトルで料理宅配サービスを始め、ニューヨーク、ダラスなど全米の20都市以上に拡大していた。16年にはロンドンにも進出したがシェアを伸ばせず、18年に撤退していた。

アマゾンは「事業撤退による社員への影響は少ない」としており、同事業に携わっていた従業員については社内での配置転換のほか外部への転職支援なども実施する。

米国の料理宅配市場ではウーバーの「ウーバーイーツ」や、「グラブハブ」「シームレス」「ドアダッシュ」などが激しい競争を繰り広げている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。