2019年6月17日(月)

プロ野球

「代役登板」の西武・佐野、完封リレーの口火に

2019/6/11 23:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先発予定の今井が体調不良で登板を回避し、中継ぎの佐野を先発に立てた試合で完勝。西武・辻監督の声も弾む。「まさか完封できるとは」

【11日のプロ野球 結果と戦評】

三回まで走者を出さず、継投による完封の地ならしをした佐野の勝因は「無欲」だった。先発を告げられたのは前日の午前。事情はともかく、晴れの先発マウンド。勇み立ちそうなものだが、佐野はいつもの救援のつもりで試合に入った。

最後の先発となった昨年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

四回西武1死二塁、森が右中間に勝ち越し二塁打を放つ=共同

 西武とヤクルトはともに攻めは派手だが、失点数はそれぞれのリーグで目下ワーストだ。数字が表すとおりの、にぎやかな点の奪い合い。勝負の分かれ目は序盤にあった。
16日のプロ野球 結果と戦評

 二回無死、 …続き (16日 20:05)

7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目を挙げた巨人・菅野(16日、札幌ドーム)=共同

【オリックス5―5阪神】阪神が5点差を追い付き、延長十二回引き分け。七回に大山の二塁打などで3点返し、九回2死から代打福留が2点二塁打を放った。延長に入ってドリスらがピンチをしのいだ。田嶋の快投も絡ん …続き (16日 19:07更新)

九回1死二、三塁、ロメロがサヨナラの左犠飛を放つ=共同

 最後は頼れる3番、4番が試合を決めた。オリックスは阪神との“関西ダービー”を2夜連続で終盤にひっくり返し、この日は歓喜のサヨナラ勝ち。逆転勝ちは3試合連続となり、西村監督は「選手全員が(試合は)最後 …続き (15日 23:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]