人工衛星群が天文観測妨害 国際学術団体、懸念の声明

2019/6/11 22:48
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】国際天文学連合(IAU)は11日までに、高速インターネット通信などのために地球を囲んで多数の人工衛星を展開する民間の事業が、天文観測を妨げる懸念があるとの声明を発表した。衛星の反射光などが悪影響を及ぼすという。

米スペースXが5月に60の通信衛星を打ち上げた後、米国の天文台の観測画像に多くの衛星の光跡が確認された。今後、同社は1万以上、米アマゾン・コムは3千以上、ソフトバンクグループ出資のワンウェブは650以上の衛星を低軌道に展開する計画だ。

声明では、衛星は日没後や日の出前にも太陽光を反射して輝き、肉眼で見えなくても高感度の望遠鏡の観測を妨げると指摘。ブラックホールの輪郭を初めて捉えるのに活躍した電波望遠鏡にとっても脅威で、衛星の電波が干渉する恐れがあるとしている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]