アルバイトアプリのタイミー、セブン銀と提携

2019/6/11 20:14
保存
共有
印刷
その他

単発アルバイトを探せるアプリを運営するタイミー(東京・渋谷)は11日、セブン銀行と提携すると発表した。タイミーは人手不足に悩む店舗と、1日単位のアルバイトを探す人をマッチングしている。提携を通じ、アプリの利用者が働いた分の給与をセブン銀行から即時に受け取れるようにする。

都内で提携を発表したタイミーの小川嶺社長(中央右)とセブン銀行の西井健二朗氏(中央左)

セブン銀行が提供する「リアルタイム振込サービス」を活用する。利用者がタイミーを通じてアルバイトをすると、当日のうちにアプリ内に給与データが登録される。利用者はこのデータに基づいて振り込みを申請し、セブン銀行やその他の銀行の口座で24時間いつでも給与を受け取れる。

セブン銀行は2018年末にタイミーに出資している。今回の提携にはATMの利用者数を増やすことが目的という。使ったことがない消費者に利便性を広めるなどの狙いがあるとみられる。

9月3日までの3カ月間は振り込み申請手数料を無料にする。大戸屋ホールディングス串カツ田中ホールディングスなどの飲食企業を中心に14社が導入するという。

タイミーは17年に設立されたスタートアップ。同社によればアプリの利用者数は8万人に上る。小川嶺社長は「従来の1カ月に一度しか給料を受け取れないシステムを崩し、お金の流れと働き方を変えたい」と話している。

(久貝翔子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]