2019年8月23日(金)

釧路の近海食品、北海道産のサバで「ガパオの素」

2019/6/11 20:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

水産加工品メーカーの近海食品(北海道釧路市)は道産のサバを使い、タイ料理の「ガパオライス」を手軽に調理できるガパオの素(もと)「さばdeガパオ」を商品化した。本来は鶏のひき肉を使うことが多いガパオだが、血液をさらさらにする成分を豊富に含むとされるサバを使い、消費者の健康志向に応える。1食分にあたる70グラム入りで350円。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。