/

この記事は会員限定です

西松屋、帰国後消費をPBで取り込み アジアに進出

[有料会員限定]

子供服・雑貨販売の西松屋チェーンは今春、アジアの小売店にプライベートブランド(PB)製品の供給を始めた。7月から中国の電子商取引(EC)モールでも本格販売する。これまでは売り上げのほぼ全てを国内で稼いでいたが、訪日客の間で西松屋の知名度が上がっており、帰国後消費を取り込む。国内はユニクロなどとの競争が激化しており、強みとするPBで海外市場を攻める。

郊外の店舗の利用層は地元の日本人客が中心だが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1170文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン