福井めがね工業、鯖江に新工場 「レイバン」向けなど増産

2019/6/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

眼鏡フレーム製造の福井めがね工業(福井県鯖江市)は、鯖江市内に新工場を建設することを決めた。5年後をメドに本社機能や現工場での製造を全て新工場に集約する。同社は2018年に外資の傘下入りした。OEM(相手先ブランドによる生産)供給するチタンフレーム眼鏡の需要が世界で高まっている。現工場の効率化を進めてきたが限界に達しており増産投資に踏み切る。

現本社・工場から北東約2キロの場所に、現在の敷地面積…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]