/

この記事は会員限定です

[社説]デジタル課税の国際ルールづくり急げ

[有料会員限定]

巨額の利益をあげながら租税回避などの手法を使って税金をわずかしか納めない巨大IT(情報技術)企業にどう対処すればよいのか。福岡市で開いた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、経済のデジタル化に対応した国際課税の見直しで一致し、新ルールについて2020年中に最終合意することを確認した。

この問題はG20と経済協力開発機構(OECD)が連携して議論を進めている。会議前にOECDがまとめた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン