ニュース

フォローする

ラグビーW杯、首都圏各地で盛り上げ 開幕まで100日

ラグビーW杯
2019/6/11 18:45
保存
共有
印刷
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)の開幕まで、12日で100日となる。試合会場やキャンプ地がある首都圏各地では大会PRや国内外からの観戦客の受け入れ準備が急ピッチで進み、機運を盛り上げるイベント開催も相次ぐ。世界的なスポーツイベントの成功に向け、官民の取り組みが本格化している。

グリーンホールに掲げられたラグビーW杯の横断幕(東京都調布市)

グリーンホールに掲げられたラグビーW杯の横断幕(東京都調布市)

開幕戦会場の東京スタジアムがある東京都調布市は11日、市庁舎や京王線調布駅前のグリーンホールに「ラグビーワールドカップ2019調布で開幕!」と題した横断幕やのぼり旗を掲げた。市内の商店街や公共施設など約100カ所にも計700枚を順次掲げる予定で、街のラグビー熱を一気に高める。

同スタジアムと都庁本庁舎では12日から数日間、ライトアップもする。W杯のマスコットキャラクター「レンジー」をイメージした赤と白の光で建物を彩り、都民らに大会をアピールする。

横浜市は12日に専用サイト「横浜ラグビー情報」をリニューアルする。外国人向けに英語ページを追加し、市内の観光情報のリンクを加える。埼玉県も熊谷市での試合日のシャトルバス運行手配など準備を加速させる。

15~16日の週末には各地で100日前イベントも相次ぐ。15日は調布駅前の広場で、3人制ラグビーの体験会や元日本代表選手らのトークショーなどを実施する。丸ビル(東京・丸の内)では16日に都が大会本番までの盛り上げ企画の詳細を発表し、小池百合子知事らが意気込みを表明する予定だ。

「埼玉ラグビーフェスティバル」は大勢の人でにぎわった(2日、埼玉県熊谷市)

「埼玉ラグビーフェスティバル」は大勢の人でにぎわった(2日、埼玉県熊谷市)

さいたま市でも16日に大宮ソニックシティ前で、芸能人らのトークショーなどの催しをする。これに先立ち熊谷市で2日に開いた「埼玉ラグビーフェスティバル」には、延べ約2万人が訪れた。「W杯の注目の高さから昨年を上回った」(埼玉県ラグビーフットボール協会事務局)という。

商業施設なども盛り上げに協力する。横浜市の「ランドマークプラザ」など3商業施設は8~16日、同市と共同で記念イベントを開催する。オーストラリアなど強豪3カ国の公認キャンプ地となった千葉県浦安市でも、市内の大型商業施設「ニューコースト新浦安」で、出場チームや過去のW杯を紹介するパネル展示会などを開く。

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
宝くじ収益金など公金に頼らずとも運営できるかが、次なる課題に(ラグビーW杯の決勝に詰めかけた観客)

 「食品の規制を緩和しました」――。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の開催中、大会組織委員会の告知が話題を呼んだ。禁止していた食料品の持ち込みを開幕4日目で認めたのだ。需要の読みが外れて上振れし、売店 …続き (12/3)

ラグビーW杯の関係者が秋元克広札幌市長を表敬訪問した(左から嶋津氏、秋元市長、森氏)

 日本ラグビー協会の森重隆会長とラグビーワールドカップ(W杯)組織委員会の嶋津昭事務総長らが28日、秋元克広札幌市長を表敬訪問した。森氏は「W杯は大成功に終わった。開催都市が頑張ったおかげだ」と感謝の …続き (11/28)

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビー(WR)は14日、ワールドカップ(W杯)日本大会での言動で7万ポンド(約980万円)の罰金を科したスコットランド協会が処分を受け入れ、反省を表明したと発表した。 …続き (11/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]