2019年7月19日(金)

鯨の町「石巻・鮎川」、商業捕鯨再開に期待と不安

北海道・東北
2019/6/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県・牡鹿半島のほぼ先端に位置する石巻市鮎川地区は、100年以上の捕鯨の歴史を誇る「鯨の町」だ。7月の商業捕鯨再開を前に関係者らは沸き立つが、日本による国際捕鯨委員会(IWC)脱退の影響を心配する声もある。期待と不安が混じった船出は目前に迫る。

「商業捕鯨は起死回生の産業だ」。石巻市牡鹿総合支所の及川伸悦次長は力を込める。

明治時代に下関から捕鯨会社が進出して以来、鮎川地区の主要産業はずっと捕…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。