2019年8月25日(日)

衣料品、半分が売れ残り 「収益より売上高」の悪循環

2019/6/12 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アパレル業界のセール頼みに歯止めがかからない。2018年に市場に投入された衣料品のうち、実際に売れたのは46.9%にとどまり、約30年前と比べて半減した。収益性よりも売上高を重視する慣行から抜けきれず、売れ残った商品を値引きする悪循環に陥っている。アパレル大手は在庫管理の精度を高めることで、需要に見合った生産への転換を急ぐ。

「強化する商品数に絞り込んだが、それが売れず値引きするだけに終わってし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。