/

この記事は会員限定です

衣料品、半分が売れ残り 「収益より売上高」の悪循環

[有料会員限定]

アパレル業界のセール頼みに歯止めがかからない。2018年に市場に投入された衣料品のうち、実際に売れたのは46.9%にとどまり、約30年前と比べて半減した。収益性よりも売上高を重視する慣行から抜けきれず、売れ残った商品を値引きする悪循環に陥っている。アパレル大手は在庫管理の精度を高めることで、需要に見合った生産への転換を急ぐ。

「強化する商品数に絞り込んだが、それが売れず値引きするだけに終わってしま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン