2019年7月23日(火)

聖火ルート外地域、パラの採火などで参加 埼玉県

南関東・静岡
2019/6/11 18:37
保存
共有
印刷
その他

東京2020埼玉県聖火リレー実行委員会は11日、2020年東京五輪の聖火リレーのルートから外れた埼玉県内の自治体がパラリンピックの聖火リレーに関連するイベントに参加できるようにする方針を決めた。同委員会会長の上田清司埼玉県知事は「全63市町村が東京五輪・パラリンピックに関われるようにしたい」と強調した。

県内の聖火リレーのルートには40市町が選ばれた。選ばれなかった市町村は、パラリンピックの聖火リレー前の採火イベントなどに参加できるようにする。

会議では聖火ランナーの募集についても確認した。スポンサー枠も含め、埼玉県全体で240人程度とする。現時点で県からは65人を公募する予定。7月1日から希望者を募り、志望理由などから同委員会が選考する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。