2019年8月23日(金)

英豪リオ・ティント、脱・炭素急ぐ EV用など重視

2019/6/12 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

英豪資源大手リオ・ティントのジャンセバスチャン・ジャック最高経営責任者(CEO)は気候変動問題に対し「解決の一翼を担う」と述べ、脱・炭素につながるアルミニウム製錬の商業化を急ぐ考えを示した。電気自動車(EV)向けに「電池の需要は増えると確信する」とし、電池素材のリチウムについてセルビアでの開発の是非を2020年末までに判断すると語った。

都内で日本経済新聞の取材に答えた。リオは燃焼時に温暖化ガス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。