2019年6月27日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,851,900億円
  • 東証2部 70,166億円
  • ジャスダック 86,041億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率13.72倍13.28倍
株式益回り7.28%7.52%
配当利回り2.11% 2.11%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,086.59 -107.22
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,050 -30

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

「利下げは株高」正しいか 過去2回は結局大幅安
編集委員 前田昌孝

2019/6/12 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)が7月末にも利下げに踏み切るとの観測から、日米の株式相場が連日高くなっている。トランプ米政権が仕掛ける米中貿易戦争の悪影響をはね返せるのではないかとの期待があるためだ。しかし、2001年と07年に始まった利下げ局面では、ダウ工業株30種平均は最初は好感して上げたものの、結局、大きく下落した。今回も米国の景気後退が避けられなければ、株式相場は高値維持が難しくなる恐れがある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム