「同日選見送り」野党に波紋 不信任案の提出機運再び
枝野氏「使うときに言う」

2019/6/12 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

7月の参院選に合わせて衆院選を実施する衆参同日選が見送られる方向が強まり、野党に波紋が広がった。衆院解散を誘発すると慎重論のあった内閣不信任決議案提出の機運が再び盛り上がってきた。衆院選の候補擁立を急いできた立憲民主党などは選挙準備の軌道修正も強いられそうだ。

立民の枝野幸男代表は11日、日本記者クラブでの記者会見で、内閣不信任案の扱いに関し「野党の党首には最大の武器なので、使うときに初めて言う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]