2019年7月18日(木)

米小売り、関税第4弾に備え 中国からの調達見直し
値上げや在庫積み増しも

小売り・外食
北米
2019/6/11 17:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋そら】米政権による対中関税の引き上げが、米国の大手小売りなど消費関連企業の業績に影を落とし始めた。トランプ大統領は6月中の米中首脳会談が実現しなければ、中国からの全輸入品に関税を課す「第4弾」をただちに発動する考えだ。高関税の対象が日用品などの消費財へと広がる事態に備え、値上げや商品の調達先を中国以外へ変更するなどの対応に踏み切る企業が目立ってきた。

「一部商品の値上げを余儀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。