一般ゴミは金銀の宝庫 環境に優しい回収実験
早稲田大、太平洋セメントなど

2019/6/12 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

早稲田大学や太平洋セメントなどが、一般ゴミの焼却灰から金や銀などを回収するリサイクルの研究を進めている。2018年に実証実験を開始し、予想以上に多くの貴金属が回収できることが分かってきた。化学薬品などを使わない環境に悪影響が少ない技術で、資源の有効利用を目指す。

「こんなに多くの金が回収できるとは」。早稲田大学の大和田秀二教授は実証実験の結果に、驚きを隠さない。焼却灰から選別した粒径が2~4ミリ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]