2019年8月23日(金)

バイエル薬品、おなかの赤ちゃんと模擬会話できる無料アプリ

2019/6/11 15:57
保存
共有
印刷
その他

ドイツ製薬大手バイエルの日本法人、バイエル薬品(大阪市)は、妊婦がおなかの赤ちゃんと模擬会話できるアプリの配信を始めた。米グーグルの音声AI(人工知能)「グーグルアシスタント」を活用。スマホに話しかけると、アプリ上の赤ちゃんのキャラクターが音声で返答する。出産予定日の情報を元に、妊娠週数に応じた成長を話題に"会話"を展開する。

バイエル薬品のアプリ「赤ちゃんと話そう」では、赤ちゃんのキャラクターと妊娠週数に応じた会話ができる

アプリは「赤ちゃんと話そう」。スマートフォンのグーグルアシスタントの画面から「赤ちゃんと話そうにつないで」と話しかけて使う。出産予定日を伝えると、赤ちゃんのキャラクターの音声が流れ、自分の成長の様子を報告したり、母親に妊娠生活上のアドバイスをしたり、母親の体調を気遣う言葉を発する。

言葉は「あのねママ、おなかにきて29しゅうめだよ。いまだいたい1300グラムだから、かぼちゃくらいのおもさかな」「にんしんちゅうって、ささいなことでイライラしちゃうみたい。ママのせいじゃないからね」など200から300ほどのパターンを用意している。母親がスマホに話しかけると、適切な回答を自動で選んで言葉を返す。

妊婦の不安を和らげるアプリとして医師が監修した。アプリはスマートフォンのほか、グーグルアシスタントを搭載したスマートスピーカーで使うことができる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。