/

この記事は会員限定です

シンガポール屋台村、文化遺産として脚光

[有料会員限定]

シンガポール政府が国民の胃袋を支える屋台村「ホーカーセンター」の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産入りを目指している。安くて気取らずおいしい食事ができ、1人当たり国内総生産(GDP)で日本や米国を抜く豊かな国になった今も幅広い層に人気だ。しかし業者の高齢化などの問題も深刻だ。ユネスコ効果でホーカーの活気を維持できるか。

金融街に近いアモイ通りのホーカーセンターは、昼には近隣のオフィスで働...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン