2019年7月16日(火)

稼ぎ頭、サービスの「仕組み」で交代 日本企業、5年で12業種

2019/6/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本企業の稼ぎ頭が入れ替わっている。業種ごとに2018年度の純利益トップを5年前と比べたところ、機械やその他製造など12業種で交代した。事業環境の変化に柔軟に対応し、サービスの「仕組み」を作った企業が目立った。よい商品やサービスを提供することに加えて、マーケティングの巧拙が業績を左右している。

純利益には設備や土地、株式の売却損益や資産の減損損失など一過性の損益も含まれる。日本では従来、企業の本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。