2019年6月17日(月)

民泊法1年、関西で進む「大阪一極集中」

サービス・食品
関西
2019/6/12 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民泊を解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)が施行されて15日で1年がたつ。関西では大阪市に全国最多の2000件超がある一方、京都市などほかの主要都市は少ない。同法は営業日数に上限を定めており、収益確保が難しい。規制が緩和される大阪市の「特区民泊」への移行をにらみ、同市に届け出る事業者が多いようだ。大阪一極集中が進んでいる。

■大阪市は全国最多

観光庁によると、民泊法にもとづく大阪市の届出住宅数は5月1…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報