/

この記事は会員限定です

エボラウイルス、あえて日本に?

(スグ効くニュース解説)

矢野寿彦編集委員

[有料会員限定]
エボラウイルスがこの夏、日本に持ち込まれると聞きました。どうしてそんな怖いことをするのですか。

回答者:矢野寿彦編集委員 致死率が50%前後と高いエボラ出血熱は今最も命を脅かす感染症として恐れられています。

アフリカのコンゴ民主共和国(旧ザイール)で2018年8月から新たな流行が始まりました。世界保健機関(WHO)によると、これまでに感染した例が2千人を超え、1300人以上が死亡しました。流行の規模は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

スグ効くニュース解説

「スグ効くニュース解説」では、読者のみなさんが疑問に感じる「ニュースのなぜ?」を取材経験が豊富な日本経済新聞の編集委員がわかりやすく解説します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン