「らいでんスイカ」2玉に30万円、札幌で初セリ

2019/6/11 15:00
保存
共有
印刷
その他

札幌市中央卸売市場(札幌市)で11日朝、北海道共和町産のブランド「らいでんスイカ」の初セリが開かれ、「特秀」クラスで3Lの大きさの2玉で30万円の高値がついた。収穫されたばかりの計300玉が出荷され、ご祝儀相場もあって昨年の史上最高値に並んだ。1玉は食品スーパーの東光ストア、1玉は大丸札幌店内の青果店フレッシュワンが競り落とした。

初セリに先だち、セリ人が大きなスイカを研ぎ澄ました包丁で小気味良く「パン!パン!」と音を立てながら切り、仲買人らに試食品を振る舞った。口にした仲買人たちからは「さすがらいでん。今年もおいしい」「みずみずしい」と好評を博していた。

らいでんスイカはシャリシャリとした食感と爽やかな甘みが特長で、北海道最大のすいか産地の共和町で農家約60戸が栽培している。

この日は夕張メロンに次ぐ販売量を誇る「富良野メロン」の初セリも開かれ、市場は初夏の到来を告げるフルーツの相次ぐ登場に沸いた。こちらの落札額は秀品5玉で最高10万円。JAふらのでは今年、山部メロンやなかふらのメロンを作っていた生産部会が富良野メロン部会に統合。富良野メロンとして再出発を切っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]