2019年8月26日(月)

スクエニ、「アベンジャーズ」のゲーム発売 20年、グーグルにも

2019/6/11 12:54
保存
共有
印刷
その他

【ロサンゼルス=川崎なつ美、佐藤浩実】スクウェア・エニックス・ホールディングスは10日、米マーベル・エンターテインメントの漫画「アベンジャーズ」を題材にしたゲームソフトを2020年5月15日に発売すると発表した。漫画で親しまれた人気ヒーローになりきって遊ぶことができる。ゲーム専用機のほか、米グーグルのクラウドゲームサービスにも配信する。

スクウェア・エニックスの傘下企業は米マーベルと組み、「アベンジャーズ」のゲームを2020年5月15日に発売する

スクウェア・エニックスの傘下企業は米マーベルと組み、「アベンジャーズ」のゲームを2020年5月15日に発売する

11日に米ロサンゼルスで始まるゲームの祭典「E3」に先立ち、スクエニが自社イベントで明らかにした。スクエニHDは17年にマーベルとゲーム開発で提携しており、「アベンジャーズ」は共同制作する最初の作品となる。

ゲームではプレーヤーが「キャプテン・アメリカ」や「アイアンマン」といったヒーローになり「失ったものを取り返すために戦う」(マーベル)という。ヒーローたちが協力しあう映画の筋書きと同様に、ゲームでも最大4人までのチームを組んで戦うことができる。ゲームはスクエニHD傘下のクリスタル・ダイナミックスが開発した。

ソニーの「プレイステーション4」、マイクロソフトの「Xbox One」、ウィンドウズ基本ソフト(OS)搭載のパソコンのほか、11月に始まる米グーグルのクラウドゲームサービス「スタディア」でも遊べるようにする。スクエニが10日のイベントで紹介したゲームのなかでは唯一のスタディア対応作品だという。価格は未定。

アベンジャーズシリーズは米マーベルが製作する人気映画。4月末に公開した最新作の「アベンジャーズ/エンドゲーム」は興行収入がすでに27億ドルを超え、歴代首位の「アバター」と数千万ドルの差に迫るほどの人気を見せている。10日のイベントでも紙吹雪が舞うなかでアベンジャーズのロゴやヒーローたちがスクリーンに映ると、参加した多くのゲーム・映画ファンから大歓声があがった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。