日本サッカー世界への挑戦

フォローする

3バック挑戦、22年W杯へ重要なステップ
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/2ページ)
2019/6/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

森保一監督率いる日本代表は、6月5日にトリニダード・トバゴと、そして9日にエルサルバドルと、国内で2つの親善試合をこなし、1勝1分けの結果を残した。

3月下旬の親善試合から2カ月半、9月上旬に始まる予定のワールドカップ予選前では、この2試合しか「準備ゲーム」がない。6月14日に開幕するコパアメリカ(南米選手権)に出場する日本代表も、いちおうは「A代表」ということになっているが、大半がU-22世代の若いチームということもあり、9月からの予選に直結するものではない。

そうしたなかで、森保監督は「3バック(3-4-2-1システム)」の習熟にこの2試合を使いきった。

カギを握る両サイドMF

森保監督は、サンフレッチェ広島の監督時代(2012~17年)の6シーズンはすべてこのシステムで通し、3回のJリーグ優勝を飾っている。17年に就任した東京オリンピックに向けたチームでは、最初から3バックシステムを使い、「森保色」を出した。

しかし昨年秋にスタートしたA代表の仕事では、「まず使い慣れた形で」と、3バックを封印し、前任の西野朗監督がワールドカップ・ロシア大会で採用した「4-2-3-1」システム(4バック)で通した。その「ベース」が固まったことで、「オプション」としての3バックも使えるようにしようというのが、今回の狙いだった。

初戦はうまくいかなかった。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング93位のトリニダード・トバゴは、昨年9月からの親善試合では最も力が落ちるチームに見えた。しかし日本は3-4-2-1の両サイドMFが効果的にプレーできず、圧倒的なボールキープをチャンスに結び付けられなかった。この試合の先発両サイドは長友佑都と酒井宏樹。4バックでは左右のサイドバックとしてプレーしてきた選手が攻撃にうまく絡めなかったのだ。

バランスの取れたシステムである4-2-3-1と比較すると、3-4-2-1は攻撃的にも守備的にもシフトできるシステムと言える。その変化を最も出しやすいのが両サイドMFのプレーだ。この2人が守備重点にプレーすれば5-2-2-1のようになり、サイドを固めることができる。一方、積極的に攻撃をすれば3-2-4-1のようになり、前線の人数を一挙に増やすことができる。

トリニダード・トバゴ戦では、後半17分に酒井に代えて室屋成を、そして後半34分に長友に代えて原口元気を投入した。日本の攻撃が迫力を増したのは、本来攻撃的MFである原口を入れてからだった。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
天皇杯サッカーで初優勝を果たし、喜ぶ神戸イレブン=共同共同

 元日に新国立競技場で行われたサッカーの天皇杯全日本選手権決勝、なかでも前半45分間のヴィッセル神戸の出来は出色だった。Jリーグ時代になってから最も成功したクラブであり、毎年優勝争いに加わる鹿島アント …続き (1/9)

森保監督(右)は22年から逆算して日本代表を世界に向けて大きく飛躍させようとしている=共同共同

 森保一監督率いる日本代表は2019年に23試合を戦った。
 通常、国際サッカー連盟(FIFA)が定める「国際マッチデー」で可能な試合数は年間10。だが今年は1月にアジアカップ(アラブ首長国連邦=UAE …続き (2019/12/26)

横浜Mのポステコグルー監督は就任時からアグレッシブな戦術が目を引いた=共同共同

 アンジェ・ポステコグルー監督率いる横浜F・マリノスの優勝は、Jリーグ27シーズンの歴史でも特筆されるべき出来事だった。
 これまでの優勝チームは、多かれ少なかれ、所属選手をうまくかみ合わせた、あるいは …続き (2019/12/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]