2019年7月21日(日)

首相、トランプ氏と電話 イラン訪問前に中東情勢協議

政治
2019/6/11 11:06
保存
共有
印刷
その他

首相は12~14日にイランを訪問する

首相は12~14日にイランを訪問する

安倍晋三首相は11日午前、トランプ米大統領と約20分間、電話協議した。12~14日のイラン訪問に先立ち、中東情勢を巡って意見を交わした。首相はトランプ氏に「地域と平和の安定のために貢献する考えだ」と伝えた。6月下旬の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の成功に向け連携する方針も確認した。

【関連記事】首相がイラン訪問へ 米との仲介役めざす

菅義偉官房長官が11日の閣議後の記者会見で、首相が12~14日にイランを訪問することを正式に発表した。首相は最高指導者ハメネイ師やロウハニ大統領と会談する。菅氏は首相のイラン訪問について「現下の中東地域の緊張の高まりを受け、地域の大国であるイランに対し首脳レベルで緊張緩和を働きかける予定だ」と述べた。

イランと米国の対立で緊迫化する中東情勢を踏まえ、日本はイランと伝統的な友好関係を背景に緊張緩和へ向けた仲介をめざす。

日本の現職首相によるイラン訪問は1978年の福田赳夫氏以来41年ぶりで、79年のイラン革命後は初めてだ。安倍首相は5月下旬のトランプ氏との会談で訪問の意向を伝え、トランプ氏は容認する姿勢を示していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。