2019年6月19日(水)

中国、苦肉の対米カード ハイテク技術輸出の制限検討

2019/6/10 22:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

規制を発動しても効果は限定的との見方も(5月、中国江西省のレアアース関連企業を視察する習近平国家主席)=新華社・共同

規制を発動しても効果は限定的との見方も(5月、中国江西省のレアアース関連企業を視察する習近平国家主席)=新華社・共同

【北京=多部田俊輔】米中貿易協議の先行きが見えないなか、中国政府がハイテク分野の独自技術の輸出を制限する制度創設の検討に入った。米国が中国に依存するレアアース(希土類)関連技術などを想定している可能性がある。高関税の応酬では対米輸出の多い中国が不利な状況なだけに、米企業の弱みを直接突く交渉カードを模索しているとみられる。中国企業に悪影響が及びかねない対抗策からは、共産党指導部の焦りも透ける。

【関連記事】中国、重要技術の輸出制限検討 人民日報など報道

今回の規制は社会統制を強化するために15年に施行した国家安全法などに基づく。「国家技術安全管理リスト」と呼ぶ仕組みで、共産党機関紙の人民日報は論評で「技術のファイアウオールを築け」と主張した。

具体的な対象技術は不明だが、中国国営の新華社は新制度に関する記事の中で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報