東洋インキと仏ヴェオリア系、プラ再生促進で新技術

2019/6/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東洋インキSCホールディングス(HD)は水処理世界大手の仏ヴェオリア系企業と組み、プラスチック容器のリサイクル促進に役立つ技術を開発した。印刷に使うインキや接着剤を容器からきれいに分離し、透明に近い再生プラを作り出せる。2022年の商用化を目指し、食品や日用品の容器向けに売り込む。23年度に50億円の年間売上高を目指す。

東洋インキSCHD傘下の東洋インキと東洋モートンが開発した樹脂を、インキと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]